2012年09月08日

湯釜〜〜〜


続いては












P1180101.JPG


草津白根山は国道をはさんで、白根山と本白根山に分かれています。
白根山は異界を思わせる荒涼とした雰囲気の中に
美しい火口湖をもつスポット。












今度は『湯釜』を見に来ましたよ〜〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)













P1180099.JPG












通常はいくつかコースがあるようですが











今回は西展望台コースのみのようですふらふらふらふら












P1180109.JPG












来られた方みんながこのコースに集まってますふらふらふらふら











我が家もみんなの後につづきまするんるんるんるん












P1180111.JPG












山頂に着くと











見えました〜〜〜ぁ!! 湯釜!!!












P1180119.JPG


湯釜は、白根山頂にある火口湖で、直径300m、水深30m。
月面のような白い岩肌の火口壁にエメラルドグリーンの
湖水をたたえた神秘的な湖です。
この湖は「温泉の湖」といわれ、その酸性度はph1.2と高く、
世界一の酸性湖として有名です。





 火口には、湯釜の他に、涸釜・水釜などがあります。
湯釜が最大最深です。
涸釜は以前はもう少し水がたまっていたのですが、
鉱山で邪魔になるので堤防を萌して排水したため現在は
深さ50センチくらいにしかならなりません。
水釜は昭和51年の噴火前は5センチくらいの深さがあり、
緑青色の水をたたえ,直径50メートルくらいの浅い池になっていましたが、
51年の噴火で姿を消しました。
新しい火口は水がたまったり、泥に埋まったりをくり返しています。












P1180115.JPG












さっさと記念写真撮って











P1180124.JPG












下山しますよ〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)












P1180108.JPG




草津白根山の湯釜の向かい側にあります。
豊かな緑に覆われた湿原で、木製の遊歩道が整備されています。
美しい高原植物やゲンゴロウやヤゴなどの水生生物を観察できます。
一周約800メートルで、ゆっくり歩いて約20分です。
昔は、ここに弓池ヒュツテがあり、冬になるとスケートの合宿などが行われました。
戦前には、地元の中学生がここで泳いだこともあったそうです





P1180110.JPG






弓池ではお写真だけ撮り。。。。。











次の目的地に向かいま〜〜〜すわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)












次に向かって走らせていると 気になるスポット発見exclamation×2exclamation×2











2・3人 人がいたからどこからか行けるハズexclamation×2exclamation×2










ってことで 近くに車を停め 行けそうな道をさがし。。。。。












P1180127.JPG







続きは次回〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ

posted by ケリーママ at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

pets.yahoo.co.jp-list.htm list.htm