2012年09月06日

臭うでしゅ〜〜


翌朝やってきたのは。。。。。。












P1180018.JPG












空吹きした 硫黄の匂いが立ち込めてるのかなぁ。。。。exclamation&questionexclamation&questionexclamation&question












P1180022.JPG












ケリタンの後ろでモクモクしてるの分かりますか〜〜〜〜ぁexclamation&questionexclamation&questionexclamation&question












この場所はこれ以上近づけない為












登ってみましょ〜〜〜〜〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)













P1180030.JPG












朝から元気イッパイのケリタンに続けとばかりに登っていくと












見えました!!!見えましたぁ!!!!!












P1180027.JPG












万座温泉の湯畑!!!

約80度ある万座温泉の源泉。











そしてこんな看板を発見exclamation×2exclamation×2exclamation×2












P1180031.JPG













どうりで臭いわけですね〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)












P1180038.JPG












こんな看板もあったのですが。。。。。











P1180035.JPG












P1180055.JPG












私にはどの川か。。。。。 分かりませんでした。。。。もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

シッカリ下調べしてから行かないと。。。。。











そのまま進んで行くと











P1180047.JPG












鳥居発見!!です












とりあえずお写真撮って。。。。。












P1180050.JPG












P1180051.JPG












P1180053.JPG





帰宅後調べてみました。。。。。


この山の名前は 熊四郎山と言うらしく、中腹にあったのがこの「稲網宮」。
 熊四郎という名は、ある狩人がここに野宿し、その晩、熊、白という2匹の
愛犬に危険なところを救われたのでついた。
また一説には万座の麓にある門貝の狩人熊四郎がこの温泉を
発見したために、付近一帯を熊四郎山と呼ぶようになったとも伝えられています。
岩質は石英粗面石とみられ、洞窟内部の成因は自然石で、
硫黄分を侵出する酸性の水分にむしばまれ、剥がれすい岩壁が
崩れて長い年月の間に形成したと考えられます。











最後に











P1180057.JPG











温泉場にはよくある
薬師堂!!


旅日記。。。まだ続きます。。。。


ランキングに参加しています

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ

posted by ケリーママ at 20:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

pets.yahoo.co.jp-list.htm list.htm